産婦人科で検査・治療を行うデリケートゾーンの悩み

*

性病の感染予防とオリモノに関する悩み

月経周期と連動して変化する乳白色のおりものは正常

婦人科を受診する女性の悩みで最も多いのは、おりもの(女性の性器からの分泌物の総称)に関するものです。実際におりものは、婦人科領域の病気を知らせるシグナルであるケースが少なくありません。したがって、おりものの異常を軽視することは禁物です。しかし、おりものが、正常な状態にもかかわらず、異常と思っている人も多いため注意が必要です。

オリモノに悩む女性は多い

ひとくちにおりものといっても、正常な状態であるのかないのか、その区別が大切ですし、当然、それによって対応が変わってきます。正常なおりものとは、子宮頚管の粘液腺から分泌されるものであって、透明感のある乳白色の粘液です。通常、月経中期(排卵期)に量が増えますが、妊娠や性的に興奮しているときも増えます。

このときに膣外に出たおりものは、正常なものですので心配いりません。このように月経の周期にあわせて量が変化するおりものは、正常な証拠です。排卵後はおりものが少なくなり、粘り気が増してくるのが普通です。

膣内は、雑菌の侵入を防ぐために、膣棹菌という菌によって強い酸性に保たれています。しかし、抗生物質の長期服用、糖尿病などの持病、膣の洗いすぎなどで酸性度が低下して自浄作用が損なわれると、菌が侵入しやすくなります。

正常なおりものは、年齢によって変化します。思春期までは、普通はおりものはなく、膣口部が湿る程度であって、初潮を迎えた後も普通はおりものらしいおりものはありません。しかし、月経の前後に少量みられることはあります。おりものが日常的に見られるようになるのは、女性が成熟した段階からです。

セックスの前後、また妊娠してからのおりものの増量は生理的なものであって、大量に出ない限り心配いりません。更年期とそれ以降のは、月経がないため一般的におりものはありません。しかし、閉経後も、子宮がんの初期症状としておりものがある女性もいます。特に血が混じっている場合は要注意ですので、必ず婦人科で医師に診察してもらうことが必要です。

おりものの増加、変色、血が混じるなどの場合は婦人科で診察が必要

異常なおりものは、子宮頚管の粘液腺からではなく、卵管や膣、子宮頚管などから分泌されます。個人で異常と判断する目安にしやすいのは、おりものの色や性状です。黄色や緑色、血が混じっている、嫌なニオイを放っている場合は、「乳白色で無臭」の生理的なおりものと明らかに異なるため、異常なおりものとなります。

恥ずかしがらないで病院へ

おりものの量もせい常時よりも多くなる傾向にあります。病気の進行とともに、いったん無色になったり、あるいはすす様の黒っぽいものやチーズ状、肉汁状に変化することもあるので、一概には言えません。

異常なおりものの原因として考えられるのは、まず膣炎です。トリコモナスやカンジダに感染して発症する膣炎がよく知られています。また子宮頚管炎や子宮内膜症、卵管炎、子宮頸がんなどでも起こります。

一方、がんではない子宮頚管ポリープや子宮内膜ポリープ、子宮筋腫が原因のこともあります。若い人に多く見られるのは、タンポンや性具などの異物が膣内に残って異常なおりもののが見られるケースもあります。

このように、生理的でないおりものの原因は様々です。なかにはがんによるものもありますが、多くは即重大な疾患に結びつくものではないので、落ち着いて婦人科を受診しましょう。

色や性状がわからないときは、量の増加を目安にしてもよいでしょう。といっても、おりものの感じと実際の量は違うことは少なくないですし、少量でも多いと感じる人もいます。したがって、下着を何回も履き替えなくてはならないほど量が多いときは、異常のシグナルといえます。

婦人科での治療はまず原因を突き止め、それぞれの原因にあった治療を行います。おりものの異常は膣カンジダ症やトリコモナス膣炎をはじめとする婦人科疾患の重要な初期症状であることが多いので、早めに受診しましょう。「性病の検査は何科で受ける?」と迷う方は少なくありませんが、女性は婦人科・性病科、男性は泌尿器科・性病科を受診します。梅毒、尖圭コンジローマ、エイズのように皮膚症状が現れる場合は皮膚科を、クラミジアや淋病が咽頭感染したと疑われる場合は耳鼻咽喉科を受診しても診断は可能です。